ウーマン

正しくケアして目の下のしわにサヨナラ|自分の顔に自信をつけよう

注意点と効果的な使い方

女の人

ビタミンc誘導体を配合した化粧品には美肌を作る効果があります。ニキビケア、シミケア、エイジングケアなどに使えるので、ビタミンc誘導体化粧水が一本あると便利です。しかし、効果がある反面、刺激が弱い人が使用すると肌にダメージが起こる危険性があります。肌が弱い人がビタミンc誘導体入りの化粧品を使用する場合は、使用する前に腕の内側など柔らかい部位に少量だけつけて、パッチテストをして確かめることが大切です。化粧水のビタミンc誘導体の濃度は1%〜5%位が目安です。濃度が高いほど良いというわけではなく、逆に肌に負担になる可能性が高くなります。乾燥肌や敏感肌の人には、1%程度の濃度のビタミンc誘導体化粧水がお勧めです。

ビタミンc誘導体化粧水はピーリング石鹸と併用するのがお勧めです。ピーリング石鹸はドラッグストアで1000円くらいで売られています。ピーリング石鹸にはフルーツ酸やグリコール酸が含まれていて、古い角質を剥がす効果があります。ピーリング石鹸で洗顔をした後は角質が柔らかくなり、ビタミンCの吸収率が良くなります。ピーリング石鹸とビタミンc誘導体をセットで使うことで、エステのケミカルピーリング+ビタミンCイオン導入と同じような美肌効果が得られます。ただし、毎日ピーリング石鹸を使うと肌に負担になります。ビタミンc誘導体化粧水は毎日使ってもいいですが、ピーリング石鹸は1週間に1回か2回程度に留めることが大切です。