ウーマン

正しくケアして目の下のしわにサヨナラ|自分の顔に自信をつけよう

美白と保湿を同時に

コスメ

保湿成分配合がおすすめ

ビタミンc誘導体の化粧水を選ぶときは、保湿効果も合わせ持つ化粧水を選ぶようにするのがよいでしょう。ビタミンc誘導体は肌を白くしてくすみを改善するために効果的な成分ですが、その一方で水溶性ビタミンc誘導体には皮膚を乾燥しやすくするという性質もあるからです。そのため、保湿成分も配合されたビタミンc誘導体化粧水を使えば肌の乾燥を予防することができます。肌の保湿成分といえばセラミドが特に人気ですが、セラミドは水溶性ではないので化粧水より美容液やクリームで補充するのがおすすめです。ビタミンc誘導体配合の化粧水を塗った上から美容液やクリームを塗っておけば、化粧水の水溶性ビタミンc誘導体が汗などで流れ落ちてしまうのも防げます。

ヒアルロン酸等と結合

最近はビタミンc誘導体と保湿成分をただ一緒に配合したというだけでなく、科学的に安定する結合方法で組み合わせた化粧水もあり、人気を得ています。低分子科したヒアルロン酸などの保湿成分をビタミンc誘導体と結合させることで、美白作用と保湿作用の両方を持たせることに成功しています。ビタミンc誘導体の中でもapps(アプレシエ)と呼ばれるものは水溶性と脂溶性のメリットを兼ね備えていますが、それを配合した化粧水の中にも保湿効果を高めた製品が出てきています。ビタミンEなどと化学的に結合させたものは保湿作用に優れている上に肌への刺激も低く、アトピーなど特に肌が敏感な人でも使いやすい化粧水として高く評価されています。