レディー

正しくケアして目の下のしわにサヨナラ|自分の顔に自信をつけよう

お肌を良くするには

肌に触れる女性

敏感肌の手入れでの注意点は、アルコールをつけ過ぎない、化学アレルギーのある方は着色料入り化粧水は避ける、等です。乾燥肌予防の豆知識は、保湿成分入り化粧品を選ぶこと、必要以上に化粧品を使わないこと、過度に肌を摩擦しないこと、紫外線対策をする、等です。

詳しくはこちら

老けさせない印象

目元

皮膚のたるみが原因

皮膚を支える骨がない目の下は、皮膚の弾力だけでハリを保っている状態で、年齢とともに皮膚にたるみが出てくることでドレープ状のしわになりやすいのが特徴です。特に年齢を重ねるにつれ、肌の中のヒアルロン酸を補うための潤い対策として基礎化粧品を用いるケアだけでは追い付かず、真皮の奥から弾力や筋力を高める必要が挙げられます。目の下のしわにはコラーゲン繊維を強化してふっくらさせるアイクリームをはじめ、しぼんだキメをふっくらさせて水の通り道を作り、肌内部にエイジングケア成分を引き込む美容液などを用いるのが適しています。肌が専用ケア製品で潤うことで外的刺激を受けにくくなり、折りじわがつきにくい状態に導くことが可能です。

即効性や集中ケア

目の下のしわに対して、即効性を期待したい場合のテクニックの1つは肌の奥に美容成分を届けるシートマスクによるケアが挙げられます。長時間つけっぱなしはシートが乾き、かえって乾燥を招くので、シートマスクケアの時間をきっちりと計りましょう。また表情で動きやすいシワ部分はシートが浮きやすくなるために、密着性の高いシートを選ぶことも大切です。ハリや潤いなど、女性が理想とする目元を作るため、アミノ酸系の有効成分を配合させたシートマスクがうってつけです。肌に素早く浸透する利点があり、ちりめんじわはもちろん、深いしわもふっくらさせられます。また、目の下特有の縮んだ筋肉をしなやかに整える成分と、衰えがちな代謝自体をアップさせる成分を配合させたCフォルムのシートマスクであれば、目尻まで一度にケアできる利点も挙げることができます。自分に最も適した商品を選べるようにしましょう。

注意点と効果的な使い方

女の人

ビタミンc誘導体は肌に浸透しやすくシミ、ニキビ、シワなどを改善する効果が高い美容成分です。ピーリング石鹸で洗顔をした後にビタミンc誘導体化粧水を使うと、ビタミンCの有効成分がさらに肌に浸透しやすくなります。

詳しくはこちら

美白と保湿を同時に

コスメ

ビタミンc誘導体は優れた美白効果を持つため化粧水に配合されることが増えていますが、乾燥を起こしやすいというのがデメリットとされてきました。しかしヒアルロン酸やビタミンEなどと安定的に結合させることが可能となり、美白効果と保湿効果を兼ね備えた化粧水が人気を集めています。

詳しくはこちら